ブログ記事一覧|CPUピン・リペアサービスのブログ


可能な限り24時間以内に返信いたします
blogカテゴリー記事の一覧です

グラフィックボードの延命対策についてのクーリングファンへの試行として

ASUS GT 640-2GD3 ファン停止対策

今回のブログはテストの結果の失敗事例です。

このグラフィックボードの出力にはDVI-D×2、HDMI×1、D-SUB15×1の4出力があります。

今回の報告は、グラフィックボードの冷却ファンが回転しない為、グラフィック出力に不安を感じました。やはりGPUの温度が上昇し不安定になったり、最悪ブルーバックやシャットダウンする可能性があります。

<!–more–>

ネット上ではグラフィックボードの回路について情報が少ない。いろいろ検討し、なんとかファンを回転させれないか、試しました。このファンは4ピンのPWM制御になっています。

まず4本の線色による区分を紹介します
①ピン 黒色–マイナス
②ピン 黄色–プラス
③ピン 緑色–パルス
④ピン 青色–PWM信号

各種実施内容

1.GPU冷却ファンの分解掃除を行い、ファンの埃や繊維クズの除去を行い起動トルクが小さくなくなるように実施した。結果–NG

2.GPU冷却ファンの配線は4本であるが、色別に用途があるので調査を実施。12Vで動くことを確認。

3.ファンのみ取り外しファンの動作が通常の動きか12Vを強制的にかけ確認結果OK
更に、5Vや3Vでも動くことが確認出来ました。

4.ファンを動かす回路は不明の為、外部から直接ファンを強制的に回転させ常時、GPUのチップを冷却することを思いつきました。

5.何とかグラフィックボード内で5Vが利用できればファンを常時回転させ、グラボとしての延命が出来るのではないかと考えました。

6.グラボ内部の回路は全く不明である。ここで出力にDVI-D×2、HDMI×1、D-SUB15×1 があり何か利用可能な電源ラインが無いか調査することにしました。

7.ネット上には映像出力の各ピンの配置や電圧などが詳細に表示されている。非常に有難い。

8.早速グラボの映像出力の5Vラインから冷却ファンの12VとGNDを接続した12Vを使用しなかったのは実験で12Vを印加するとフル回転の為、うるさいので使用しませんでした。また3Vでは心もとないとも感じました。

9.結果ですが、5Vの印加では起動電流が不足しているのか、回転を確認出来ませんでした。また、マザーボードを壊す可能性などもあり、危険なことはやめることとしました。
いろいろ試しましたが、実験として割り切って終了します。

延命処置最終手段

最後に、このグラボを使用するために、安全に運転するには、5Vの安定化電源かACアダプターより、5VをGPUファンに直接供給することで安定してGPU チップを冷却出来ます。私の場合頻繁にグラボを取り外す為、このような回路変更をしませんでした。

※この改造はあくまでもグラボの延命措置です。長時間使用や、ショートは発火の可能性がありますので推奨は致しません。実施される場合は自己責任でお願いします。

肩こりの方におすすめ、東プレ REALFORCE  キーボードの使用感

今回のブログはキーボードに関する内容です

PCに指令を与える需要な機器

パソコンを使用している方が必ず使用するキーボード、PCに指令を与えるツールです。 最近は音声入力が有りますが、何といっても正確に入力するにはキーボードで自らの手入力が間違いないです。

Read more

不良、偽造CPUの急増について 悪意あるCPUを掴まされないための方法

最近、偽物、もしくは悪意あるCPUがオークションに出品されています。ご注意ください

この最近、修理依頼品の中に気になるCPUが何点かありますので紹介します。
Read more

背負い式動力噴霧器のエンジン系不調の修理

今回のブログは今までと違った、農業機械に関する内容です。

土地の管理において、雑草を茂らさないことが最も大変なことです。
1昨年に背負い式の動力噴霧器を入手し、雑草対策として草枯らしを年に2回ほど散布しています。
Read more

DDR4 メモリの「相性」に関する不思議を実体験を通じて考える

PCの構成で、CPU、メモリ、電源、ストレージと主要なパーツが多くありますが、今回はメモリに関する話題です。

BBの発生

ある日、自作PCを仮組みし、Windows10でランニングテスト中に突然エラーメッセージ発生。
Read more

パソコンが普及する以前の業務での大量の資料の整理の実例として

昔の資料管理

現在でも各種資料はファイリングをし、書庫に整理する事は多くの資料を扱う者にとってごく普通の光景です。
最近、ようやく、納税事務で『電磁記録の保存承認申請』をすることで紙でなく、データでの管理も許されるようになって来ました。
今は、HDDやSSD、USBのデータ保管で全て出来てしまいます。
定期的なバックアップで、ほぼ完璧です。

ここで、パソコンが普及する以前(昭和後期)はどのように書類を整理、管理していたかを紹介します。
Read more

MSI マザーボードのBIOSアップデートの不具合事例についての考察

BIOSとは

予備知識として、BIOSアップデートについて少し触れておきます。BIOS(UFEI)はPCのマザーボードには無くてはならない心臓部のソフトです。これを変更することで、CPUの変更にも対応できるソフトです。

最近のマザーボードは必ずと言っていいほど、BIOSのアップデートをしないと、まともに動かいない事が多いです。まして新機種対応のマザーボードは絶対アップデートを実施すべきです。
Read more

CPUの動画による「修理方法」と最近のAMD Ryzen 等の修理依頼の傾向

今回は、最近の修理の受付内容に関しての話題を紹介します。

当社の業務内容

当社はAMDのCPUのピン折れや欠損、またインテルのCPUソケットのピン曲りや折れを主に、修理している会社です。
最近、「修理しようにも全く手の施しようがない」CPUのご依頼が増えてきたように思えます。今回はその原因を記述します。
Read more

コピー機が普及していなかった時代の事務作業について(青焼き作業)

コピー機の話

前回に続きコピーやプリンターの個人利用の出来ない時代の話です。
昭和50-55年、1975年~1980年頃のコピーの作業についてです。
Read more

パソコンが無い時代事務作業、集計作業についての記録

PCの個人利用が出来ない時代の事務作業の話です。
私がサラリーマンとして仕事をしていた昭和50年代中盤頃の事務作業についてです。
まず事務作業で、今思い出せば何が大変だったか?それは月末の棚卸しです。
Read more

古い投稿ページへ→
copyright© CPUピン・リペアサービス(e-get西条) all rights reserved.