CPUピン・リペアサービス CPUピンの曲り・折れ・破損を修理・修正します 対象:インテルマザー(LGA),AMD CPU(PGA)


mailでのお問い合わせは
可能な限り24時間以内に返信いたします
blogカテゴリー記事の一覧です

あえて、古いパソコンに見出すメリット、設計思想の違い、それは「進化」か?

古いパソコンを分解、メンテナンスする

この最近パソコンを分解掃除する機会が多くあり少し思うことがありましたので、触れてみたいと思います。
**昔のパソコン分解清掃、点検についてです。**

まず昔とはいったいいつの事??やはり『10年ひと昔』と言いますように10年前のパソコンに焦点を当ててみたいと思います。

メーカー名や機種名は公表出来ませんが、現在でもLinuxサーバなどではで充分に活用可能な機種ですが、現在の中古市場では5000円がせいぜいの相場価格のパソコンを入手しました。

分解に関しての考察

早速分解してみて、驚くことに、外装ケースがワンタッチのロック解除で外れます。

これはとても便利です。またカバーがしっかりして少しの力で変形しません。

次にCPUファンの分解を行います。これはビス止め式でバネを効かせ必要以上にCPUに圧力が、かからないようになっています。またCPUファンはワンタッチで外せました。

とはいえ、さすがに10年の経過でCPUグリスは、カラカラ状態です。CPUファン、ラジエータ、ともに分解しやすく掃除も簡単です。

更にファンには取付方向を間違わないように、方向マークの表示があります。

ここまでで、お分かりかと思いますが、メーカー製は特殊な造りが多いと聞いていましたが、使用者(メンテナンス技術者)にとてもやさしい設計に思えます。

続いて、FDDユニットの取り外し、HDDの取り外しを行いました。この2点も、前述のように、ロックをワンタッチで外すようになっていて、とても簡単です。

また、ケース内に図解説明が表示されており、とても良い設計です。ここまででビスを外したのは1本のみです、本当に驚きです。
HDDの分解でようやくビスを2本目外しました。

更に分解を進めると驚愕です、HDDに専属の冷却用ファンが装着されています。現在のPCでは筐体のファンで排熱を考え、冷却をしたとしても専属のファンはとても装着されていません。

そしてこの専属のファンがまたワンタッチで取り外しができ、清掃が容易に出来ます。ここまでの設計思想やメンテナンス性を考えていることに感心です。

次に電源ユニットの分解掃除。これはさすがに分解しにくく出来ていました。当然ですが、「素人が分解し難くく」するのは、安全性を考慮し、むしろ、「わざと分解ができないように」しているのかもしれません。何とか分解し確認するとやはり電解コンデンサの頭頂部の膨張品が2個発見出来ました。

さすが10年の重みを感じますが、この場所以外は全て快調です。

古いパソコンと現在のパソコンとの設計思想の違いの考察

今回分解掃除と点検をかねて確認を行いましたが、現在のパソコンとの違いを多く感じます。

①メンテナンス技術者にとてもやさしい親切設計である
②配線類は樹脂で固定するようになっており結束バンドなどは不要である
③マザーボードへのコネクタの配線は、取り外し易く専用のループ状の紐が装着してあり、容易に壊すことなく分解できる。
④技術者が修理し易く、長時間使用出来るような設計思想である
このように感じます。現在の商品はどちらかと言うと、

①修理より買い替え
②技術を使うより早く
③安価な物はすぐ壊れても当たり前
④古い物より新しい物

この様では、すこし寂しい気もします。技術を持った、『先人』に敬意を払うとともに本当に『使い捨て』がいいのだろうか?

技術者の真価を発揮する場が無くなっている・・・。と考えさせる今日この頃です。

総論として

つまり、古いパソコンでも、

「然るべき技術を持ったものが、きちんとメンテンスを行い、かつ、低スペックで許容されるような動作であれば」

十二分に使える、と言えるでしょう。 例えば、低負荷でのLinuxサーバ用途などにはメンテナンス性や冗長性を考えれば、むしろ、最新の「使い捨て的な設計」をされたパソコンよりも向いている、とさえ、考えうるかもしれません。

弊社では古いパソコンのオーバーホールも承っております。
連絡はお気軽にこちらからどうぞ。
info@cpuprs.info

電子技術者から見る「修理技術」への疑問と懐古的心情

最近の「修理技術」に対する疑問

この最近の修理技術を紹介するブログや動画を見ていると、修理と言うよりも基板やアッセンブリ交換がごく普通となっている。

本当の技術者はどうなっているんだろう。オシロスコープやテスターをしっかり使ってパーツチェックまでする人は非常に少なくなったように感じる。

これは中華製品の拡大、修理するより買い替えの方が安い、これらが要因となっていると感じる。とても寂しい、技術者の能力を発揮することなく埋もれている。

真の「修理」とは

真の「修理」とは、

①壊れた部品を見つける
②部品を外しなぜ壊れたかを原因追及
③交換部品の選定
④再発防止を含めて部品交換を行う
⑤再発防止の展開

その故障の原因は、回路上の問題か? 単純なパーツ不良か? パーツに余力が無かったのか、回路周辺の環境問題か? etc…。

単に修理と言うが、多くの原因や要素がある。決して「修理」とは、アッセンブリ交換のことのみを指すものではない。

もちろん、アッセンブリ交換を「せざるを得ない」状況についても、企業に務めた私からすれば理解はできますが、多くの技術者は、是非、一度初心にかえって故障の真の要因とは何かを把握してほしい物です。

技術者から見たパソコン修理についての一例と考察

古いパソコンを修理する機会がありましたので少し触れてみたいと思います。
古く、あまり興味を持たれていない商品だけに、どのような状態か確認です。
同じ機種を2台修理しました。

HDDへのインストール不可

1台目は外観はとても綺麗でしたが、HDDにOSがインストール出来ない。
原因は、HDDのフォーマットがあっていないためにOSが受け付けないものでした。
内容は簡単ですが、この原因にたどり着くため多くに時間を費やしてしまいました。
専用のソフトウェアを使用し、何とか回復出来ました。

CPUファンの固着への対応

2台目は、CPUファンが固着していました。この為CPU周辺は硬化した樹脂で、大変な状態になっていました。

また他の冷却ファンにも影響し、グリス切れの状態す。全てのファンの交換をすればいいのですが、サイズが特殊なため入手できません。

そこで少しサイズが違うけど、4点止めを2点止めにして、斜め取付を行い、何とか復活出来ました。古い機種はパーツの入手が難しい面もありますが、弊社では代替パーツによって修理出来た事例です。

パソコンと電源ユニットについて、縁の下の力持ちの重要部品の構造的問題

良いパソコンの必須条件としての良い電源ユット

パソコンの電源は『ケチるな』と言われます。

確かに良い電源には安全回路が多くあり、安心できます。では、本当にこれでいいのだろうか?
Read more

win10の安定の問題、低スペックPCにおける不安定性と、その解決方法について

あるオーダーメイドPCでのできごと

ある取引先様からPCの選定を依頼されました。
その中で色々苦労した事をブログとします。

まず初めに、このようなPCが欲しいと要求がありました
①価格が手頃
②低消費電力
③24時間365日稼働
④安定動作

この様な要望の中で考えた結果、
①CPUは低消費電力のCPUでATM330 セットで40W程度
②電源はACアダプター方式(発熱を筐体外とする)
③メモリは最低で2GB
④マザーボードは固体コンデンサ使用品(長時間安定)
この様な目標を設定し、中古物件を探しようやく、入手できました。

完全にオーバーホールをし、OSのインストールを実施。

ウインドウズ10のインストールを実施、順調です。とりあえず初期の設定を完了し、長時間稼働の確認しようとしたのですが…。

???

おかしい。フリーズ発生。強制パワーオフが生じる。
再度、気を取り直し、ランニング再開。

またまたフリーズ???

これはなんだ…。

ウインドウズ10の強制シャットダウンの原因

どうやら、OSのアップデートと負荷稼働テストで、CPUが一時ダウンしたようです。
困った、これはハードウェアの問題なのか、ソフトウェアの問題なのか。

ただ、ウインドウズ10、で貧弱なハードウェアの場合、ハードウェア側の問題か、ソフトウェア側の問題なのか、その切り分けが難しい。

そのため、今回はLinuのUbuntuをインストールを試みる。

ウェブ上にはUbuntuのインストール用のDVDの作成の仕方やOSのインストール方法まで親切な説明があり、「然るべき知識」があれば、比較的インストールはスムーズに行える。

Ubuntuであれば構成によっては軽く動き、アップデートもウインドウズのように強制ではなく、ユーザーが選択できる。

今回はウインドウズ10ではなくLinuxでのインストールとする。

ちなみに、依頼者は

「ウインドウズ10でもLinuxでも、どちらでもOKですよー (`・ω・´)ゞ」

とのことなので、念の為。

久々のUbuntuの操作に戸惑ったものの、問題なくネット動画の視聴をさせ一晩ランニングさせる。
見事に翌朝朝も動いている。ハードウェアには問題はないようだ。

さすがUbuntu。貧弱なPCであっても、相応に動く。感心するOSだ。
これは能力の不足しがちなPCにとっては朗報となりうるOSだであると再認識する。

サーバーとしてのOSは安定性が何より求められるのですから。

最後に

私自身はメインのPCのOSはウインドウズ10を使用し、CPUはインテルの7700Kを使用しているため、ウインドウズ10のアップデートで負荷を感じることはありませんでした。

しかし、低消費電力PCでアップデートを行うとここまで、負荷がかかるとは思ってもいなかった。

年間を通してPCを稼働させる場合のOSはUnutuがとても有効であると感じました。

ウインドウズ10ではアップデートでフリーズして使えない。

また固まるなど経験された方、また停止、しないPCをお考えの方はぜひ一考あれ。

弊社はLinux,Ubuntuの構築のご相談にも応じます。
(提携企業との共同作業になる場合があります。)

シニア世代こそ、ネット通販を利用しよう 生活の質を上げるためのツールとして

暑さと生活必需品

最近の商品の流れが変わってきている。特に暑い日が続くため家を出たくない、しかし、必要な物がある。

これは、ネットショッピングの出番か?
(配達員の皆様、ご苦労さまです)

シニア世代にとっても、現役にとっても、今年の夏は、とても暑くて動けない。
Read more

電源ユットの交換を行わず、「あえて」修理を行う、問題を調べる技術

現在、あるサーバの電源ユニット故障修理にとことん取り組んでいます。

以前にも同じようにそのタイプのサーバの電源が壊れたのですが、 また今回も壊れました。これを良い機会と捉え、修理をして実力を付けようと思います。
Read more

10年後に残すための記憶メディア(記録媒体)について長期保存の考察

長期記録媒体としてのHDDの脆弱性

データの記録媒体として考えた時に、容量的には外付けHDDなのですが、私は外付けHDDでの保存について、かなり疑問に思います。
Read more

パソコンやスマフォの入出力デバイスは今後さらに進化し人間に利益をもたらす

ガジェットの進化

今このブログを書いているのもスマートフォンから書いていたりします。手のひらの中にLinuxベースのOSを採用した画面付きのパソコンが収る事は、20年前では到底考えることのできないような時代です。
Read more

読み上げ、声端末によってウェブの表現が回帰する可能性について考える

音声表現の可能性の萌芽として

最近、Amazon EchoやGoogle homeなの音声端末などが発売されていますが、それらはもしかすると、数年以内にWebメディアの大きな回帰、つまり、テキストメディアへの姿に戻る状況が起こりうるのではないか、と考えています。
Read more

copyright©2018 CPUピン・リペアサービス(e-get西条) all rights reserved.