CPUピン・リペアサービス CPUピンの曲り・折れ・破損を修理・修正します 対象:インテルマザー(LGA),AMD CPU(PGA)


mail(メール)でのお問い合わせは
可能な限り24時間以内に返信いたします

最近のハードウェア回路設計の技術動向と変わらないものについて

技術の進歩とハードウェア設計

PCによるシュミレーション技術の進歩発展で、ハードウエアの設計が随分簡単に楽になったと聞いています。

以前は回路設計は、オシロスコープを使用し、部品を1点づつ変更し特性を測定していました。それが近年ではシュミレーション技術の発展により瞬時に結果を予測出来るまでになって いるようです。


それらの技術はとても素晴らしいことで、時間的な制約、人件費、開発費の削減など、一般消費者にとってみれば、いずれは製品に価格が反映され安価でいい物が出来る時代であると思います。

ここまでの話で、設計技術者は、たしかに便利になり、はやく正確にはなった。
とてもよいソフトが出来良くなったと感心しています。素晴らしいことです。

シュミレーションの限界としての製品

ところが、どうしても物作りをする上で、外せないワードがあります。

いくら世の中が変わろうが、設計思想が変わろうが、使い方が変わろうが、基本は
物作りに携わった一人として、やはり『現場、現物』はどうしても外せないキーワードであると考えます。

シュミレーションでいくら良い結果が出ても現物では結果が出ない、
また逆にシュミレーションではありえない結果が現物では出る、

こういったことも実際に存在するそうです。

いかにハードとソフトの折り合いを付けるか、ハード面からはソフトを見て、ソフト面からはハードを見る。

それらの双方が、技術を切磋琢磨することがベストと考えます。

最近の技術動向についてでした。

copyright© CPUピン・リペアサービス(e-get西条) all rights reserved.